1. Home
  2. Head Line News
  3. SWARRRM20周年記念編集盤6月29日リリース

Head Line News

エントリー

  • 2016/05/30

SWARRRM20周年記念編集盤6月29日リリース

SWARRRM20周年記念編集盤6月29日リリース

SWARRRM

神戸のグラインド帝王" SWARRRM" の結成20周年を記念する編集盤が6月29日3LAよりリリース。
1枚1枚のアルバムが比類なき完成度を誇るSWARRRMであるが、『Against Again』('00年)から『偽救世主共』('03年)前後の激動期、エモバイオレンスやブラックメタルへも接近したこの時期に発表されたスプリットや オムニバスは、現在入手困難となってしまっている作品も多い。
本作に収録されているのは20年というバンド活動期間の中で限られたある一時期に制作された楽曲群であるが、このリリースの決まる際にKapo氏(Gt) が話していた「編集盤ではあるけれども、ただの編集盤にはしたくない。遅れてきた3rdアルバムくらいの気持ちで考えている。」という言葉通り、全体がアルバムとしての完成度を保ち、シーンにおいて重要な意味を持つ楽曲達がこうして現在に蘇るという事実は、これまでオリジナル盤を入手する機会のなかったファンにとっても、またバンドの20年という歴史を補完する意味でも非常に意義深い。
グラインドコア、カオティックハードコア、更にブラックメタルまでも 取り込み進化していくSWARRRMがリアルタイムで提示してきた音楽はグラインドコアを聴く者以外にとっても常に最新であったし、聴く者を打ちのめすと 同時に奮い立たせる、音楽以外の何かを内包したものだった。
こうして出来上がった音源を改めて聴いていると今でも色あせていないその楽曲達に驚かされるし、そして本作に収録された楽曲達の制作時期以降においても、現在でも燃え尽きることなく新たな次元に自身の音楽性を進化させているSWARRRMというバンドに対して敬意を抱かずにはいられない。
ブックレットには行川和彦氏、3LA水谷のライナーノーツ付。

また『20year chaos』のリリースにともない SWARRRMの初期Tシャツの復刻版を制作することが決定。




SWARRRM20周年記念編集盤

1. leave me alone (from split7" w/narcosis)
2. swirl (from picture ep)
3. hurricane (from v.a. terro-rhythm)
4. impossible (from split w/atomic fireball)
5. doom (from picture ep)
6. blame (from split w/broodred bacteria)
7. limit (from split w/atomic fireball)
8. broken (from split w/broodred bacteria)
9. suffer (from v.a japanese assault)
10. dance (from picture ep)
11. useless (from split7" w/narcosis)
12. struggle (from split w/atomic fireball)


関連URL



ページ移動

ユーティリティ

Category

Search