1. Home
  2. Head Line News
  3. BAD BRAINSのドキュメンタリー映画

Head Line News

エントリー

  • 2016/06/04

BAD BRAINSのドキュメンタリー映画

BAD BRAINSのドキュメンタリー映画7月、日本公開

BAD BRAINS

1976年にアメリカ・ワシントンD.C.で結成され後続のバンド達へ多大な影響を与えた伝説のバンドBAD BRAINSのドキュメンタリー映画『バッド・ブレインズ / バンド・イン・DC』が7月16日(土)より東京・渋谷HUMAXシネマにてレイトショーで公開。

 2007年に行なわれたライヴ・ツアーの模様を軸としながら、まことしやかに囁かれる伝説の数々など、後進にとって偉大過ぎるその歴史も追っていく本作の監督はラモーンズのギタリストであるジョニー・ラモーンのトリビュート映画『TOO TOUGH TO DIE』(2006年)を手がけたマンディ・スタイン、製作・編集は『悪魔とダニエル・ジョンストン』(2005年)のタイラー・ハビーが担当。作中にはBAD BRAINSのメンバーに加え、ヘンリー・ロリンズ(ex.BLACK FLAG、ex.Rollins Band)、イアン・マッケイ(ex.Fugazi、ex.MINOR THREAT)、BEASTIE BOYS、デイヴ・グロール(FOO FIGHTERS)、アンソニー・キーディス(RED HOT CHILI PEPPERS)、ドン・レッツらも登場。



『バッド・ブレインズ / バンド・イン・DC』

7月16日(土)、渋谷HUMAXシネマにてレイトショーほか全国順次公開


関連URL



ページ移動

ユーティリティ

EBISU METAL BUSTER 2017 MAYHEM来日決定!

Category

Search