1. Home
  2. ETD Special
  3. 歴史的検証
  4. それぞれのメタル元年 その3 ~スラッシュメタル~ part.1

ETD Special

スペシャル

歴史的検証

それぞれのメタル元年 その3 ~スラッシュメタル~ part.1

どのジャンルでもそうだが、その原点となったスタート地点をどこにするのかは非常に曖昧で、人によってそれぞれとなってしまうと思う。
VENOMの登場? METTALICAの登場? SLAYERの登場? 諸説あるだろうし、いつどこで体験したのかによって、それはやはり様々であったと思う。
と、言う事でここでは自分の実体験を元にスラッシュメタルを振り返ってみたいと思います。

スラッシュメタル!そのスタートとは??

このジャンルは壮大です。
何故かと言えば、それは他ジャンルにも言えることではあるけど、その中でもこのスラッシュは本当に多岐に渡り様々なスタイルが存在し、多種多様な姿を今では見せているジャンル。
言ってしまえば、デスメタルもブラックメタルもグラインドもメタルコアも、このスラッシュなくして存在はしていないことは間違いないと言い切れる(個人的にはですけどね)。
このスラッシュがスタート地点であったMETALLICAは今や知らぬ者がいないほどにビッグで、メタルそのものを代表/象徴するような存在となっていることからも、このスラッシュの裾野の広さは計り知れるというもの。

どのジャンルでもそうだが、その原点となったスタート地点をどこにするのかは非常に曖昧で、人によってそれぞれとなってしまうと思う。
VENOMの登場? METTALICAの登場? SLAYERの登場?
諸説あるだろうし、いつどこで体験したのかによって、それはやはり様々であったと思う。
と、言う事でここでは自分の実体験を元にスラッシュメタルを振り返ってみたいと思います。

ACCEPT / RESTLESS AND WILD

ACCEPT / RESTLESS AND WILD

ACCEPTの名曲"Fast As A Shark"が収録されたアルバム「RESTLESS AND WILD」。今では名盤と呼ばれるこの作品も当時は決してそういう扱いではなく、一部のマニアを熱狂させる作品だった。

まずこのジャンル名が世間的に知られるようになったのは80年代中盤の頃で、それまではヘヴィメタルを自分は聴いていたのだが、その中でも「速い」バンドをいつも求めていた。
その当時スラッシュという言葉が出てくるまでヘヴィメタル界で「速い、うるさい」と言えばACCEPETやVENOMあたりが代表格だった記憶がある(その中でもACCEPTの"Fast As A Shrak"が代表的な曲だった)。
  80年代初頭はジャンル名として明確に存在していたのはヘヴィメタル/ハードロックぐらいしかなかった。
極端に言えばどんなに速いバンドだろうが、どんなにヘヴィなバンドだろうが、これらで片付けられた。
80年代初頭から中盤にかけてMETALLICA、SLAYER等が登場し始めたが、それらのバンド達が登場した瞬間からこのスラッシュという単語が産まれた訳ではなく、このジャンル名が浸透し始めた頃には、これらの「速い」バンド達が一つのシーン/ムーブメントを形成するようになっており、それらを総称する言葉として「スラッシュメタル」が浸透していったように感じている。
ちなみにスラッシュというジャンル名が出てくるまでは、これらのやかましいバンド達を日本では「ゴリ押しメタル」とか「ゴリバリメタル」なんて形容もされていたし、明確な名称がないために色々なところで色々な名称が登場していた。そういった名称の中には今や一つのジャンルとして確立されている「ブラックメタル」「デスメタル」という名称も使用されていた(しかし、これらは雑誌で特集されるというものではなく、レコード店のコメント程度の話だったりする)し、速いバンドは総じてスピード・メタルとも形容されていた。
今では考えられないけど、当時はメジャーどころではIRON MAIDEN、JUDAS PRIESTあたりがメタルの中でも「速い」と言えるバンドだった。あとはよりマイナーなところではRAVENとかTANKあたりがそう言える存在だった(MORTOHEADは勿論)。
しかしながら当時日本で唯一のメタル専門誌BURRN!では人気の高い一線級のバンド達以外のやかましいバンド達は基本的に笑いのネタにされていた(特にVENOMとかACCEPTの”Fast As A Shark"なんかはそういう扱いを受けていた)というのも事実。


METALLICA / KILL'EM ALL

METALLICA / KILL'EM ALL

SLAYER / SHOW NO MERCY

SLAYER / SHOW NO MERCY

SPEED KILLS

SPEED KILLS

初期スラッシュ/スピード・メタルの名盤オムニバス。第一弾は1985年リリース。シリーズ化されファンにとっては新しいバンドを発見するのにはうってつけの作品だった。

自分がスラッシュを初体験したのは、順番は忘れたけどMETTALICAの1st、SLAYERの1stを立て続けに貸しレコード店で借りて来たのがきっかけだった。
が、正直言うと上記した2枚は当時の自分が経験したことのない早さとやかましさで、本音を言えば聴いて一発で気に入ることはなかった。
その時の感想は「何やってんだかまったく分からない...けど、なんか凄い」的な感想で、それらの良さを本当に理解したのは数年後だった。
METALLICAの1st「KILL'EM ALL」、SLAYERの1st「SHOW NO MERCY」がリリースされた当初はスラッシュという言葉は世間にもまったく出回っていなかったように記憶している。
ただ、とんでもなく速いバンド達が次々に登場し始めたことに期待感は高まっていった記憶は残っている。
では、いつ誰がこのスラッシュという言葉をジャンル名にまでしたのかと言うと、もう正直それはまったく分からないし、場合によっては俺が元祖だ!なんて言う人が多数いるような気がする。

METALLICAとSLAYERが1983年にレコードデビュー。
ちなみに同年にはDIO「HOLY DIVER」、IRON MAIDEN「PIECE OF MIND」、DEF LEPARD「PYROMANIA」等がリリースされておりIRON MAIDENとDEF LEPARDはこのアルバムでアメリカ進出に成功し、それ以前のL.Aメタルの盛り上がりもまだ継続されており、ヘヴィメタル全体がそれまでよりも大きく取り扱われるようになっていた時期。
今にして思えば、そういったヘヴィメタル自体のシーンが大きくなっていた時期とスラッシュメタルの登場はうまくリンクしていたんじゃないかと思われる。


こうやって振り返っていくと、スラッシュメタルの元祖と言うとやはりMETALLICAとSLAYERの登場で、VENOMはその礎となったという解釈が一番しっくりくるのではないかと思われます。
VENOMはMETALLIAやSLYERよりも2年早く1981年にデビューを果たしており、彼らはスラッシュ以前のNEW WAVE OF BRITISH HEAVY METAL(N.W.O.B.H.M)の流れから登場したバンドだった。
そしてMETALLICAはこのN.W.O.B.H.Mから多大な影響を受けていたのは今となっては明白だし、SLAYERはJUDAS PRIESTの"Dissident Aggressor"のカヴァーを後に収録した(4thアルバム「SOUTH OF HEAVEN」にて)事もあったようにイギリスのシーンから影響を受けていた事は間違いないだろう。
そう考えると、イギリスで発生したN.W.O.B.H.Mの一群が後のスラッシュメタルへ継承されていったという解釈も出来ると思われます。


text by Jumbo