1. Home
  2. ETD Special
  3. インタビュー
  4. SWARRRMインタビュー

ETD Special

スペシャル

インタビュー

SWARRRMインタビュー

20年以上の活動歴を誇る神戸のSWARRRMがニューアルバム「こわれはじめる」を2月16日、3LAよりリリースする。
グラインドコアでありながら、常にグラインドコアの王道とは違う方法論で独自のサウンドをクリエイトし、進化を続けるSWARRRMは“孤高”という言葉が似合うバンドであり続けている。
特に元HELLCHILD、FROM HELLの原川司が加入して以降は更に進化/深化の速度を早め、前作「FLOWER」でその進化/深化は極限の域にまで達した印象を持たされたが、ニューアルバム「こわれはじめる」ではまた更にそこから歩を進め、ニューアルバムで到達した現在のスタイルは、もはやグラインドの範疇でバンドをカテゴライズする事さえ無理があるようにも感じさせ、バンドとしての底が見えて来ない凄まじさを徹底的なまでに見せつける。その凄まじいまでの存在感は「孤高の存在」という言葉さえ陳腐に思わせる。
特に”夢から”、”血が叫ぶ”等の楽曲はグラインドコアのバンドであれば、まずやらない、イヤ出来ないであろう境地へ足を踏み入れている。
そういう点からも現在のSWARRRMは「革新的なさま」を意味する”プログレッシブ”という言葉で形容する事も出来るのではないかと感じさせる。
現在のSWARRRMは、恐らく世界中を探しまわっても匹敵するバンドを見つける事は困難だろう。
SWARRRMの中心人物であるギタリストKapoにインタビュー。
SWARRRM

Interview with Kapo by Jumbo


SWARRRM / こわれはじめる

SWARRRM / こわれはじめる
まずはニューアルバム「こわれはじめる」が完成しての率直な感想を教えて下さい。

kapo : ここ数年目指していた音楽を完成させて発売までこぎつけて嬉しいです。僕は飽き性なのですぐに変化を求めてしまいますが、それに対応してくれたメンバー、前作FLOWERまで長年に渡りエンジニアを務めてくれた原田君に変わりPALMのアキラ君が尽力してくれ、うまく新しいSWARRRMの音と噛み合ってくれたと思います。

SWARRRMはこれまで、アルバム制作時にまとめて全てレコーディングをするという行程ではアルバム制作をしていませんが、ニューアルバム「こわれはじめる」もこれまで通りの制作過程で制作されたアルバムですか?

kapo : そうですね。3曲づつくらいが一番集中できて自分たちにあってると思います。アルバム内で音のニュアンスが変わるのもデメリットではなくメリットと感じてますし。

その作業方法の場合、以前にレコーディングしていたものを後になって手直ししたくなる事も多いと思いますが、その場合のゴール地点は最初のレコーディング前から決めておかないと、常に一番新しいレコーディングを行う度に手直しが続いて終わらなくなってしまうのでは? と思えるのですが…

kapo : そこはエンジニアのアキラ君には非常に申し訳なかったのですが、数十回と細かい調整し直してもらってます。今回はこれ以上できないというくらい徹底的にやれたと思います。

ニューアルバムには前作から新作の間にリリースされたスプリット作品の曲も収録されていますが、それらの曲は今回アルバム用に再録されたものですか?

kapo : ベーシックは同じですが歌を作り直し歌い直した曲、音を足したり徹底的にやれたので満足してます。もちろんミックスはいじってますね。

ニューアルバムの制作開始前に一番念頭に置いていた部分や狙いはどういったものでしたか?

kapo : 一番は”突き抜け感”です。僕らと同じ界隈で活動するバンドや以前の我々の音は重さ、凶暴さ、いかつさ、パワフルさを演出するにあたりどうしても低音感を重視し、こもりがちな音像であったり、歪みがちであったりする事が多いと思います。その音像から脱却したいと考えました。理由は聞き飽きたのか、そう言った音の音源を聴くのが自分自身苦痛になってきたからです。

SWARRRM

SWARRRM SWARRRM SWARRRM
新作はこれまでのSWARRRMにはない領域へ足を踏み入れている印象を強く受けます。このアルバムはSWARRRMにとって新たな領域への挑戦という意識はありましたか?

kapo : そうなればいいな、という思いはありました。僕だけではなく、こう言ったジャンルの音楽に少し飽きていた方もたくさんいらっしゃると思います。それは楽曲ではなく音像だったかもしれませんし、皆が同じ方向を向きすぎていたからかもしれませんし、そういう方達に楽しんでいただければと思います。

中でも"血が叫ぶ" は特にこれまでにない曲調に感じました。こういった曲を今回収録しようと思った最大の理由はどういうものでしたか?

kapo : 変化を求めた結果です。アルバムのフックになったと思いますし、今後の可能性につながる曲かもしれません。

司のヴォーカルスタイルがSWARRRMへの加入で新たな次元に入ったように感じますが、実際に作曲や音源制作時にヴォーカル・ラインや歌詞についてメンバーから司に注文をつける事はあるんですか?

kapo : 歌詞は司君自身の強いこだわりを感じますし 彼独自の視点で素晴らしいと思います。逆にこの曲調で悪魔や絶望はないですね。ヴォーカルラインについては最初から決めている部分もあったりはします。

SWARRRMは常にグラインドの王道とは距離のある音楽性だと思ってますが、新作では更に距離を取っている印象ですが、自分自身では今でもSWARRRMはグラインド・バンドだと認識してますか?

kapo : 申し訳ないですがグラインドコアです。グラインドコアの発展の為、微力ながら尽力したいと考えてます。

新作のジャケは今までのSWARRRMにないものになってますが、今回メンバーの写真をジャケにフィーチャーした一番の理由は?

kapo : 事前にメンバーで話してる時にそういう案は出してました。とても気に入ってます。アルバムのテーマである突き抜け感を出すのに一役買ってると思います。

SWARRRMは昔からSplit作品のリリースが非常に多いんですが、これはどういった理由からですか?

kapo : 自分たちが凄いと認識しているバンドから刺激を得る為です。

自分自身で今までに聞いたSplit作品で一番好きな/印象に残っている作品はどの作品ですか?

kapo : BORN AGAINSTとMAN IS THE BASTARDのSplitですね。もう25年くらい前ですが何の知識もなくレコード屋で変な名前のバンドと思って買ったので、素晴らしい内容でびっくりしたのを覚えてます。

20年以上SWARRRMとして活動してきましたが、その活動歴において常に進化/変化を続けているSWARRRMにとってSWARRRMがSWARRRMであり続ける最も普遍的な核はどういった部分にあると考えていますか?

kapo : CHAOS&GRINDじゃないでしょうか。

自分自身の事を飽き性とのことですが、SWARRRMは結成から20年以上続いていますが、飽き性であるKapo君をそれだけ長期間夢中にさせるグラインドの一番の魅力はどこですか?

kapo : アレンジの一つとしてのブラストビートです。僕らの曲はブラストのパートを入れた方が曲が良くなると感じてます。まだまだブラストを使った新しいロックを作れるのではないかと思ってます。ただどうしてもデスメタルが苦手なのでスタンダードなグラインドコアにはならないですが。グラインドコアも歴史長くなって来てるし、こういうバンドがいてもいいんじゃないですか。

そのグラインドにはまったきっかけになったバンドはなんでしたか?

kapo : DISCORDANCE AXISですね。それも25年ほど前にジャンボ君にもらったHELLCHILDとのSplitを聞いてですね。今SWARRRMがあるのもジャンボ君のおかげですね。感謝してます。

ここ最近で気になっているバンドや作品はどういうものか教えてもらえますか?

kapo : 去年一番よく聞いたのはafghan whigsのin spadesです。あとはALGIRESのUNDERSIDE OF POWERです。1stも良かったのですが、少し重苦しすぎたのが、少し聞きやすい曲も増えて良かったです。

今後の活動予定や目標にしているものがあれば教えて下さい。

kapo : いい楽曲を作成して、いい演奏をしたいと思ってます。


SWARRRM LIVE SCHEDULE

2月11日(日) 心斎橋 HOKAGE

with BIRUSHANA、TERROR SQUAD、GREENMACHINE、LOW WATT GURGLER、NEPENTHES

2月24日(土) 名古屋 HUCK FINNE

with UNHOLY GRAVE、ETERNAL ELYSIUM etc.

3月10日(土) 京都 SOCRATESE

with WHAT’S THE HARM、GREENMACHiNE、COFFINS

4月29日(日) 新大久保 EARTHDOM

with ENDON、killie、disgunder、WOLFGANG JAPANTOUR、NOLA、明日の叙景

SWARRRM LIVE SCHEDULE SWARRRM LIVE SCHEDULE SWARRRM LIVE SCHEDULE


2月16日リリース

ニューアルバム「こわれはじめる」

SWARRRM / こわれはじめる

Tracklist: 1. ここは悩む場所じゃない - This is not the place to have a dilemma
2. 遠く はかなく - Far away and ephemeral
3. 愛のうた - Song for love
4. 首輪しゃぶってな - Suck your collar
5. 明日に歌え - Sing for tomorrow
6. 影 - Shadow
7. 夢から - From my dream
8. マーチ - March
9. 血が叫ぶ - Crying of my blood
10. 瞬き - Blink
11. 自由 - Freedom
12. 絆 - Ties
13. あなたにだかれ こわれはじめる - Beginning to break after you hold me

初回予約特典:ステッカー封入

100冊限定ディスコグラフィーブックレット:
SWARRRMのこれまで軌跡をディスコグラフィとともに振り返り、その進化の過程を再確認する内容のブックレット。3LA水谷と、パンク・ロック/ハードコア史を語り続けてきた行川和彦氏をライターに迎え、発表された全音源を振り返る。これまでの、最新作『こわれはじめる』の先に続くこれからの物語を、更に楽しむためのファンアイテム。全12P、1000円。(商品選択時に「CD+限定ブックレット」を選択の上、ご予約ください)
詳しくはこちら