1. Home
  2. ETD Special
  3. EBISU METAL BUSTER 2017 スペシャルコラム
  4. Sendai編 メタル・ラーメン店「ヘルズ・キッチン」レポート

ETD Special

スペシャル

EBISU METAL BUSTER 2017 スペシャルコラム

Sendai編 メタル・ラーメン店「ヘルズ・キッチン」レポート

ナパーム・デスのバーニーを連れて行ったらしく、彼でも食せる興味深々のヴィーガン・ラーメンが登場だ! メタルTシャツを着てきた人にもれなく煮卵付きというからラーメン・ファンには嬉しいニュース。 仙台ツアーに行ったメタル・バンド、メタル・ファンは足を運んでくれ!

人類生誕史上最濃スープの鋼鉄系ラーメン ヘルズキッチン

TASTE播摩 / HAPALM DEATH Mark 'Barney' Greenway

仙台市中心部から北へ車で20分、閑静な住宅街に突如現る伏魔殿、それが「ヘルズキッチン」である。人類生誕史上最濃スープ?こってりドロドロスープのラーメンがはびこる世の中で人類生誕史上最濃とは大きく出たものだ。鋼鉄系?昨今の〇〇系ラーメンといったジャンルが細分化されているラーメン界で鋼鉄系とは全く意味不明である。しかし掲げられた暖簾でそれは全て解明される。店名「ヘルズキッチン」と、その下に記されたメッセージ「Looking for Today」「Tomorrow's Dream」そう、ブラックサバス!へヴィメタル!鋼鉄系ラーメンとはメタルラーメンだ!

メニューは「OZZY郎」「PAGE郎」「バイオレンスニボ」・・・と謎の言葉が並び、そのネーミングからは全く味が想像できず、もはやラーメンなのかさえわからない。しかし店主の優しさか、または客の苦情からか、メニューの下にはラーメンの詳細が明記されてあり、メタルラーメン初心者への気配りがうかがえる。「OZZY郎」「PAGE郎」はヘヴィメタルインスパイア系、「バイオレンスニボ」は極濃煮干、その他数種のラインナップ。店内は大音量と共にメタルショーが大画面に映し出され、カウンター席の椅子がドラムメーカーTAMA製となれば自然とツーバスを踏みたくなる。そしてラーメン丼はステンレスといった頑固鋼鉄のこだわり。メタルTシャツ着用自己申請で煮卵サービスというメタルヘッズに嬉しい特典もある。

そんなラーメン店にNAPALM DEATHのバーニーさんをお連れすることになった。バーニーさんとは共通の友人を通じて知り合い、私のバンドがNAPALM DEATH石巻公演の前座を務めさせてもらったこともあり「友人の怪しいラーメン店に行こう!」と誘ったのが現実となった。しかし、ここで問題はバーニーさんがヴィーガン(完全菜食)ということ。そこで店主にヴィーガンラーメンを提案したところ、バーニーさんが東日本大震災時に被災地支援やベネフィットショーを行っているのを知っていて「その恩返しの意味も込めて作らせてほしい!」と快諾してくれた。店主も被災地で1,000食ものラーメンを無償提供した熱い男だ。

そして完成した「Black Grind Napalm麺」!動物性食品不使用、黒胡麻とナッツをブラストビートを叩き込むがごとく粉砕した激濃タレに、玉ねぎ・トマト・セロリ・香草数種からなるフレンチ的アプローチでヘルフェストを彷彿させるスープが合わさる。それがハードコアな低加水麺とクロスオーバー、そこに殺傷力の高いノイジーな花椒のシビレが加わり、まさにグラインドクラッシャーな一品! 小辛・中辛・大辛を選択できるが、激辛フリークのバーニーさんは「大辛2倍」の特別仕様。さらにテーブルの辛味を全て投入するというハーモニーコラプションで悶絶。ユーサファーバッッ、、、、、
完食し大満足なバーニーさんから「レギュラーメニューにしたらいいよ!」と太鼓判を頂いていました。

SIGH川嶋さん、ミカンニバルさんと遭遇したり、JURASSIC JADEジョージさんがGARLICBOYSのTシャツ着用で「ニンニク増しですか?」と聞かれたりと、その筋の方々も訪れるヘルズキッチン、いかがでしょうか?

ヘルズキッチン

「グラインドコアをイメージして、一口目から旨味の強烈さ、インパクトを意識しました。動物性食品を一切使用しないという今までに無い挑戦で、新しいラーメンの扉を開くことができました。」

岡 良平 (ヘルズキッチン店主)
http://shop-map.com/herzu/index.html

「Considering that Ryo-san, the owner of Hell's Kitchen, had never even thought about doing a vegan ramen before, the black sesame ramen he served up was a winner. I favour an almost painfully spicy ramen, and whilst his first creation didn't quite manage to cook my brain it was incredibly tasty in other ways. I would again like to suggest that Ryo-san keeps this ramen on the menu permanently, as many people in Japan now very often seem to look for a healthier or cruelty-free alternative. I'd also like to say it was very kind of him to put it on the menu for me in the first place - Arigato! 」

Mark 'Barney' Greenway (Napalm Death)

text by 播摩貴士(TASTE:Vocal,Bass)